さて、非常勤医師と言えば医師のアルバイト、というイメージを持っておられる方が多いように感じますが、実際にはどのような違いがあるのでしょうか。

大きな相違点はこれ

まず、一つのポイントとしては、週に30時間以上勤務することで社会保険や年金に加入が可能なこと、税金の支払いも義務づけられているので、複数の機関をかけもちしている場合でも確定申告の対象になります。

一方、アルバイト(スポット勤務)の場合は一定の金額までは税金も発生しませんし、社会保険や年金等が控除されることもありません。

安定した生活のことを考えれば。非常勤医師として働く方がアルバイトよりもメリットがあるのでオススメです。

ただ、アルバイト勤務によって一時的な収入を得る事もできますので、その辺りはお互いのメリットが享受できるような働き方を選択するのが良いのではないでしょうか。


内面的な違い

また、実質的な部分とは少し違ってきますが、両者を比較した場合には責任やストレスの度合いも違ってくると思います。

数日程度同じ場所で働くアルバイト勤務と、基本的に同じ場所で働く非常勤勤務とは気分的な変化がありますよね。

待遇面のことを一番に考えたいところですが、自身の内面的なバランスのことも考えて、総合的にいい道を選択するのが最良と言えます。

この辺りは実際に専門のコンサルタントなどにご相談されることをオススメします。