非常勤医師として働く事を検討した場合には、様々な待遇が違って来るものですが、給与面の違いに続いて保険に関する情報をここで少し整理してみたいと思います。

非常勤医師として働く場合の保険加入

まず、非常勤医師として働いた場合、基本的にはアルバイトのような契約になることが多いものですので、保険に加入するためにも一つの医療機関において週に30時間以上は勤務を行うことを意識してください。

それに満たない勤務時間であれば加入できない場合でも、週に30時間を超える事で厚生年金や労災などに入ることができるようになります。

自身の将来のことを考えればやはり加入しておくことがマストではないでしょうか。


求人を探す際には予めの条件確認

複数に医療機関を掛け持ちで勤務する場合でも、ここだけは絶対に押さえておきたいポイントです。

後で全てを自己負担にしてしまうと様々なリスクが高くなりますので、このようにしっかりと対処をしておきたいところですね。

ただ、こういった保険に関する待遇一つをとっても、医療機関によって条件や加入の可否は様々なものです。

一律してどこの病院でも同じ待遇を受ける事ができる、ということはありませんので、実際に医師の求人を探す際には事前にこういった条件についても先に確認、検討しておく必要があることを忘れないようにしてくださいね。