希望の条件や転職の目的などを明確に

医師のみなさんが何かしらの転職活動を行う際には、希望の条件や転職の目的などバックグラウンドに様々なものがあるものです。
ある方はもっと高い給料を求めて、ある方は家庭ができたことによる働き方の見直し、などなど人によって千差万別です。
実際に活動を行う際にはなんにしても一度ご自身で情報を整理していくことが重要になります。

今回の記事では、まず医師としての働き方の一つでもある非常勤勤務を主にした内容をご紹介していきたいと思います。


常勤で働くことのメリット

まずメリットとデメリットで一度考えてみますと、基本的な収入源として医師という職業を選択するのであれば、常勤勤務が通常ですよね。
長時間働くことができるいうこともあり、収入も安定してくるはずです。
収入が安定していれば、長期的なライフプランを考える上でも非常に安心できますね。

また、ある程度のスケジュール感が見通せますので、忙しいとはいえ時間の管理が行いやすいとも言えるでしょう。
プライベートに関してもプランを考えやすくなるでしょう。


非常勤で働くメリット

逆に非常勤はどうなのでしょうか。

まず、一つメリットを挙げるとすれば、掛け持ちとして考えた場合更なる収入のアップに結びつけることができるという点は大きなポイントでしょう。
近年では、掛け持ちを行っている医師も少なくありません。
常勤以上に、実力が試される環境といっても過言ではないでしょう。

また、心理的なストレスから解放されるというのもメリットの一つですね。
常勤医としての責任やプレッシャーを感じることもありませんし、長時間勤務による負担の心配もありません。
他にも、様々な経験を積めるなどのメリットも大いにあります。

逆にデメリットを挙げるとすれば、これだけで生計を立てるには難しい可能性が高いということ。
将来設計がしづらく、不安になる事も出て来るでしょう。
非常勤で働くなら、掛け持ちは不可避と考えてもいいと思います。

非常勤勤務を一つの手段として視野に入れておきたいところですが、医師求人を探す際には、あくまでも収入を上昇させるための副業的な位置付けとして考えた方が無難ではないでしょうか。