さて、実際に転職を検討されている皆さんは常勤で働くのか、あるいは非常勤をメインとして、様々な診療機関を掛け持ちして働くのか、あるいはスポット勤務を続けるのか、それぞれの働き方に特徴があり、今の不安定な世の中ではどの働き方が一番良いとハッキリ断言することは難しいと思います。

ご自身にあった働き方をするのがベスト

みなさんそれぞれに優先する条件がありますので、あくまでもご自身にあった働き方をするのがベストなのではないでしょうか。

それを踏まえた上で敢えてこちらからアドバイスをさせていただくとすれば、自分に合った働き方とは何か、ということをしっかりと掘り下げていただきたいと言う事です。

給与や勤務地、勤務体系は働く為の基本ですから押さえておかねばなりません。保険等の福利厚生に関しても同じことが言えるでしょう。

問題はその先です。本当に自分が望んでいる生活とはどういうものなのか、ということをしっかりと考えて頂きたいのです。

目の前の生活と将来のビジョン

安定した生活を手に入れる方法を模索するのと同時に、将来に対するビジョン、そして自分が望んでいる生活とは何かを導きだすことで、「目に見えない不安」を取り除くことが可能となります。

目の前の生活は今現在ですから一番大切なことです。

しかし、60歳、70歳と年を経て行った時にあなたは今の生き方や考え方のままで満足できるのでしょうか。

亡くなる間際には何かを後悔する方が大半だと聞きます。

現代では安定した生活、お金のある生活が幸福だと教えられていますが果たしてそうなのでしょうか。

医者という命と関わっている皆さんであれば、また何か違う答えが見えるのではないかと私は思います。

ぜひ幸福な人生を手に入れるために、ご自身の気持ちに合った転職先を見つけていただければと思います。